演奏会のチラシデザインをはじめ、名刺・ロゴデザイン、イラストの制作を承っています。

天気が悪いと体調が悪くなる理由は○○が原因だった。

あっという間にGWが終わってしまいました。

連休中は割と天気に恵まれていた気がしますは、休み明け一発目は雨でしたね。

雨が悪い天気とは言わないし嫌いじゃないですが、個人的には頭痛がしたり体調が悪くなるのでイーブンかな。

皆さんも経験ありませんか?

低気圧

天気が悪いと体調悪くなるなんて言うのは迷信くらいに思っていたんですが、調べてみると意外とちゃんとした理由があったんです。笑

キーワードは「自律神経」らしい。。。

まず天気が晴れ、つまり高気圧に包まれている場合、下降気流ができ、上空から地上に向かって気流ができます。上空からの気流に乗って地上付近には酸素が多くたまり、人の体は交感神経が働き、活動的になります。

そうなると気分もいいし体調は絶好調ですね!

一方天気が曇り・雨、つまり低気圧に包まれている場合、今度は上昇気流が生まれるので、地上から上空に向かって気流ができます。そうなると地上付近の酸素は上空に運ばれ、地上では高気圧の時に比べ酸素が薄い状態になるそうです。こうなると先ほどとは逆に体がエネルギー消費を抑えようとするため、副交感神経が働くそうな。そのためやる気が出ない、倦怠感、酸素不足による頭痛などが起きたりするそうです。

そうか、これからは自信をもって「低気圧だからからだダル~イ」って言えるじゃないか!

なんだかよく分からないが装備のレベルが1上がった気分になりました。

これから梅雨に向かっていきますが、私は元気に皆さまからのご依頼をお待ちしておりますよ~!

Design Shop《YUMEHITO YAMADA》

山田 夢人

 

前回記事はコチラから→「スーパーのレジに並ぶと・・・

→記事一覧←



次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2017 ILLUST GRAPHIC DESIGN 《YUMEHITO YAMADA》

テーマの著者 Anders Norén

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。