演奏会のチラシデザインをはじめ、名刺・ロゴデザイン、イラストの制作を承っています。

とんかつ店がご飯・キャベツ・お味噌汁がおかわり自由な意外なワケ。

今日は午前の仕事を終えた後、用事のために新百合ヶ丘へ出ていました。

とんかつ店の「楽膳」にてお昼。

とんかつ

味噌カツです。笑

とんかつ店って意外と好きでして、その理由は「ご飯・キャベツ・お味噌汁おかわり自由」だからです。

「おかわり自由」とか「大盛無料」ってなんて素敵な言葉なんでしょう。誰がこの言葉考えたんだろう。

もはやこの言葉は正義ですよね。笑

ところで、とんかつ店が「ご飯・キャベツ・お味噌汁おかわり自由」なワケってご存知ですか?

諸説あるようですが、個人的に「確かに言われてみれば」と思った説についてここに書こうと思います。

みなさん、とんかつ店のご飯茶碗って何か小さくないですか?量も少なめ。

東京の某有名店がこのサービスの発祥らしいですが、元々最初の頃はとんかつ定食自体単価の高い料理で、高級なお店が最初だったようです。

そこではカウンターで、目の前で調理し、出来立てをすぐ提供するというシステム。

そんなすべての料理をおいしい状態で食べてもらいたいという理念から、ご飯は小さめの茶碗で、なくなればまたすぐ熱々のご飯を提供するというのがこのサービスの始まりだったようです。

冷えたご飯でとんかつを食べないようにというお店側の配慮ですね!

お味噌汁やキャベツはそれに追従するように後から加わっていったようです。

なんかとても素朴な疑問ですが、以前からずっと気になってたんですよね。

調べたらこんな感じでした。笑

まったくイラストとは関係ないですが、たまにこういう突拍子のない記事も出てきますので、気が向いたらのぞきに来てくださいね。

さぁ仕事します!

山田 夢人

 

前回記事はコチラから→「オーダーメイドのスマホケースの実物はこんな感じ!

記事一覧はコチラから。

 

※当サイトの作品、画像の無断転載・無断使用は固くお断り致します。




次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2017 ILLUST GRAPHIC DESIGN 《YUMEHITO YAMADA》

テーマの著者 Anders Norén

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。